鮮やかで寂しげなノスタルジックな街並みのサワンナケートをウロウロ歩き回ってみた。

ムクダハーンの対岸には、サワンナケートと言う街がある。

かつてフランスの支配下に置かれていた当時を想わせる鮮やかに色褪せた古い街並みを、今でも見られるサワンナケート。

今回は、サワンナケートの街をご紹介します。

【関連動画】

薄れゆく記憶の中にある変わりゆく街 異国情緒ある田舎町サワンナケートで想うhttps://rizfarm.com/2019/10/06/949/

海外航空券+ホテルがお得!<エアトリ>

もくじ

  • サワンナケートの見どころ
  • サワンナケートのグルメ
  • 感想
  • さいごに

サワンナケートの見どころ

聖テレサ教会

フランスの支配下にあった面影を残すサワンナケートの中心街にポツンと佇む白い教会。
まるで時間が止まったかのような静けさの中。

サウナ

サワンナケートの中心地にあるサウナ。
一見普通の民家に見えなくもない。
サウナはかなり本格的。サワンナケートのサウナはかなりおすすめ!

【関連動画】
暑い国に行って、わざわざサウナなんて。いえいえ、それだけの価値があるんです!ラオスのサウナで、ゆったりほっこり♪
rizfarm.com/2019/10/19/1137/
ネットで簡単☆24時間お申込みOK!
海外旅行・留学・ワーホリ保険のAIG損保

イミグレーション

今は外国人は利用できないタイとラオスの国境。渡し船でラオスのサワンナケートとタイのムクダハーンまでを結んでいる。

【関連動画】
ファンタジックでおしゃれな国境の街ムクダハーンは、居心地ある着心地のいい街だった。
https://rizfarm.com/2020/02/16/ムクダハーン/

メコン川

メコン川沿いには、屋台が並ぶ。メコン川の眺めをあてにビールを頂くのも、なかなかの贅沢。

メコン川に沈む夕日

対岸のムクダハーンの奥の方に沈む夕日。
メコン川に伸びる陽にウットリ。
海外ホテル検索、Booking.com

ナイトマーケット

ナイトマーケットといっても、食べ物の屋台ばっかり。観光客はもちろん、地元の人もちらほら。
Wi-Fiルーターとして使える翻訳機

サワンナケートのグルメ

コーヒーの産地のラオス南部ということもあり、お洒落なカフェがちらほら。
聖テレサ教会の間近にあるLin’s Cafe。
落ち着いた雰囲気の店内は居心地最高。
強めな口当たりのビターなコーヒーにうっとり。
夜は夜で、ラオスに来たら、やっぱりこれを飲まなきゃ!飲みやすさが、私の中では世界一のビアラオ。
ベトナムといえば、バインミー(サンドイッチ)。
実は、ラオスにもバインミーはある。
1人では多すぎるくらいのボリューム!
通貨ペア充実の”DMM FX”!

感想

真っ青な空の下、鮮やかなパステルカラーを褪せらせた家々をブラブラと見て歩いているだけでも、十分に楽しめる街でした。まさに発展の最中にあるこの街が変わっていく様に、いつまでも、このままの姿であってほしいと、少し寂しく感じてしまいました。

さいごに

最後までお付き合いいただきありがとうございました。また、皆様の今後の旅のきっかけや参考になれたらなと思います。

A8.net

関連記事