気を付けて!トランス女性特有の世にも恐ろしい病気

☆関連動画☆下記に記載した内容をYouTubeでもお話させていただいています。画像をクリックいただけましたら、YouTubeにアップした動画が再生されます。

こんにちは。りさです。

今回は、私が経験したトランス女性特有の恐ろしい病気についてお話します。

それに襲われたのは、36歳の寒い冬の事でした。

少し体調も思わしくなく、風邪気味だったこともあり、大事をとってお仕事のお休みをいただき、自宅で安静にしていた時の事でした。

やることもないので、録画していたTVドラマをぼーっと眺めて過ごしていたのですが、なんだかおなかが痛くなってきたような気がして、お手洗いに行きました。

とはいえ、大きいほうは出る気配もなく、とりあえず用を足して部屋に戻ろうと思ったその時。

おしっこが出る感覚と同時に染みるような痛みを覚えました。

「あっ。膀胱炎か。」

膀胱炎は癖のものと言い、私は体調を崩したりすると、だいたい膀胱炎がセットでやってきます。

元々、そういう体質だったのでしょう。

それが、性転換手術で尿道が短くなったことで、膀胱炎のリスクはさらに高まったのだと思います。

抗生物質でも飲んで、早めに寝て、明日朝一で病院に行こう。

早めに布団にもぐって、翌朝の病院まで乗り切ろうと思っていました。

その夜、交互にやってくる痛みとむずがゆさで目が覚めました。

おしっこを我慢しすぎた時に下腹部が痛くなる感覚の痛みと、おしっこを途中できゅっと止める時に力を入れるポイントから肛門付近にかけて感じるむずがゆさが交互に襲ってくるのです。

これは何か変だ。

トイレに行くも、おしっこがたまりにたまっているような感覚があるはずなのに、出ないのです。

さあ、出るというところで、引っ込んでしまうのです。

その引っ込みと同じくして、痛みがざっと押し寄せてくるのです。

真冬の寒さなのに、頭から足先まで、汗でびっしょりです。

これまで数多くの膀胱炎を乗り越えてきた私でも、経験したことのない痛みとむずがゆさです。

もしかしたら、膀胱炎をこじらせてしまって、こんなことになってしまったのかもしれない。

この時の私は、自分の子の症状を膀胱炎だとばかり考えていました。

あまりの痛さに耐えられなくなり、救急車を呼び、深夜救急で受診することにしました。

病院へ運ばれる救急車の中で、妊娠の可能性や生理のことを聞かれました。

私にとって、これらの質問はYES/NOで答えられるものではありませんので、痛みに耐えるのに精いっぱいの状態で、ちゃんと伝えきる自身がなく、どうしようかストレッチャーの上でうずくまりながら、悩んでいました。

その時、一緒に病院に付き添ってくれた夫が、機転を利か、代わりに救急隊員さんに伝えてくれました。

実はこれって、とても大切なことなんです。

結局その日から入院ということになりました。

痛み自体は、2日もすればだんだんと引いていきました。

膀胱炎も油断をしたらこんな目に合うんだと、こまめな手洗い、こまめな水分補給、しっかりとしなければと、これの再発防止対策を考えたりしながら、入院生活を過ごしていました。

そして、状態もだいぶ良くなった段階で、主治医から泌尿器科の先生につないでいただき、診察を受けました。

すると、先生の口から出た病名に、驚かされることになりました。

「あなたの、この度の症状は、膀胱炎ではなく、前立腺炎です。」

前立腺?

そう。男性特有の器官である前立腺が、今回の一大事の原因だったそうです。

先生曰はく、

・前立腺炎の痛みは膀胱炎の痛みより強い

・性転換手術をしても前立腺は取り除かず、尿道口から膀胱までの間で、尿道をくるむようにして存在する前立腺に菌が入ったことが考えらこと。

・当時救急搬送されてきた時の痛がり方からして、膀胱炎のそれとは考えにくい。

という理由から、前立腺炎だと判断したそうです。

その時に先生から言われたのは、一見見た目も戸籍上も女であるからこそ、こういった男性特有の病気は見逃してしまいがちで、今回は炎症で済んだからよかったものの、これが取り返しのつかない段階のものだった場合に、見逃してしまうということは命取りになりかねないので、抵抗があるのはわかるけれども、しっかり自分の身体の状態は申告してくださいということでした。

確かに日常生活においては、周りに伝える必要というのはそうそうないとは思うけれども、こういった命にかかわる医療の現場においては、しっかり申告する必要があるなと思いました。

元男だからとかではなくて、男性的な器官を身体の中に有する女性として。

男性はもちろん、トランス女性においては、患う可能性は0ではないだけに、体調管理や、入院時の保険等、しっかりそこまでカバーできているものなのかの確認なども、しっかり備えておきたいものですよね。





関連動画

☆関連動画☆
〜トランス当事者のリアル大公開〜
下記に記載した内容をYouTubeでもお話させていただいています。画像をクリックいただけましたら、YouTubeにアップした動画が再生されます。
☆関連動画☆
〜トランス当事者の素顔。
トランス女子の一人旅〜
下記に記載した内容をYouTubeでもお話させていただいています。画像をクリックいただけましたら、YouTubeにアップした動画が再生されます。



関連記事

トランス当事者が埋没して生きる理由〜Riz☆FARM〜

ホルモン摂取のいろいろ〜Riz☆FARM〜

トランスはトランスを見分けられるか〜Riz☆FARM〜

トランスを怖いモノだと考えてる方へ〜Riz☆FARM〜

トランスジェンダー当事者として、何を思って埋没して生きているのか~カミングアウトとアウティング~ – Riz☆FARM

女として生きる元ニューハーフの私が思う“女として生きるということ” – Riz☆FARM





投稿者: ritan279

Lisa Kawakami 旅を愛する元ニューハーフ。 関西を拠点に、夫婦で移動販売業を営みつつ、トランスジェンダー当事者の方向けにボイストレーニングやピアサポート的な活動をしています。 □過去の経歴 高卒後ニューハーフダンサーデビュー▶︎氏名性別変更▶︎女性として埋没生活▶︎語学留学▶︎タイで就職▶︎福祉関係に入職▶︎結婚▶︎鬱で休職▶︎飲食店を営む▶︎精神保健福祉士取得▶︎ボイストレーニング教室を始める▶︎移動販売業に転向▶︎今に至る □ピアサポート的な活動とは mtf向けボイスレッスン 情報発信 交流会etc □移動販売業とは 〜準備中〜

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。