タイ北部の国境街歩き。チェンコーンとフエサイ、川の向こうからこんにちは!

その昔は、タイ北部のチェンコーンという街から船で川向こうにあるラオスのフエサイの街まで渡ることもできたみたいですが、いまでは橋がかかり、昔ながらの川を渡る越境もできなくなりました。

チェンコーンもですが、フエサイ自体は、見所も少なく、その奥にあるルアンナムターやウドムサイ、そしてルアンパバーンや中国の景洪から昆明への中継地点として栄えた街です。

渡し船で国を行き来した時代には、それぞれの国から国へと行き来する人でチェンコーンもフエサイの街も賑わったのでしょうけど、橋ができた今は、チェンマイなどからラオスの各都市を繋ぐツアーバスを利用して、それぞれの街にわざわざ立ち寄らなくても国を越えられるようになったのもあり、訪れる人も少なくなり、のんびりしたい私にはちょうどいい長閑な風が街中を吹き抜けていました。

今回は、メコン川挟んでタイとラオスの両岸の街をご紹介します。

もくじ

  • チェンコーンの街
  • チェンコーンへのアクセス
  • 国境
  • フエサイの街
  • フエサイの色々
  • フエサイのホテル
  • 感想

チェンコーンの街

タイ北部のラオスとの国境の街チェンコーンは、チェンラーイからバスでコトコト2時間くらい、川沿いにある小さな街です。街の真ん中に大通りほどではないけど、一本のメイン通り周辺に商業施設が点在しています。
メイン通りからメコン川までは、長閑な雰囲気満載の住宅エリアが広がります。
メイン川沿いは綺麗に整備されています。
メコン川の眺め、左はタイで右がラオス。川を挟んで国が変わるのは、なかなか新鮮です。
チェンコーンの街の地図です。
端から端まで、十分歩いて見て回る事ができる規模の街です。
Wi-Fiルーターとして使える翻訳機

チェンコーンへのアクセス

タイ北部のチェンコーンの街は、チェンラーイ の他、バンコクやチェンマイからの長距離中距離バスが行き来しています。
チェンコーンまでのバスは、チェンラーイの第1バスターミナルから出発しています。
チェンラーイの第1バスターミナルは、タイ北部の各地を結ぶローカルバスが主に発着しています。
8:30〜16:30の間で1日11本のバスが行き来しています。

国境(チェンコーンフエサイ友好橋)

チェンコーンからバイクタクシーで15分くらいだったでしょうか。
チェンマイなどからツアーでラオスの各地へ向かうならまだしも、個人的にこの国境を行き交う人はそんなにいないのか、時間帯にもよるのか人はまばらでした。問題はラオス側のイミグレーションからフエサイやバスターミナルに向かう移動手段がソンテウしかなく、人が集まらないと出発しないこと。人がなかなか集まらず、イミグレーションの中でひたすら待たされることになりました。
チェンコーンフエサイ友好橋から眺めるメコン川の眺め。
ネットで簡単☆24時間お申込みOK!
海外旅行・留学・ワーホリ保険のAIG損保

フエサイの街

メコン川沿いに走るメイン通りに沿って広がる街の造りは、対岸のチェンコーンと同じですが、チェンコーンよりも長閑な雰囲気が漂います。
メコン川を挟んで見るタイのチェンコーンの街。
その昔は、この街から船で川向こうにあるラオスのフエサイの街まで渡れたそうで、タイから船で渡ってきた人はこの坂を上がり、ラオスへの街へ繰り出していたのでしょう。
国境と街を繋ぐソンテウは、メコン川をひたすら土埃をあげながら、ガタガタと車体を揺らしながら走ります。顔に当たる風が冷たくて気持ちがよいです。
為替取引を始めるなら≪DMM FX≫

フエサイの色々

フランスの植民地であったことから、その名残を感じる街中の売店。
商売気のなさがまた一つの魅力です。
フエサイ唯一の見所と言えるくらい何もないフエサイの見所チョンカオマニラート寺。
チョンカオマニラート寺は、高台の上にあり、メイン通りから伸びる階段をひたすら上がったところにあります。お寺もさることながら、高台から見下ろすメコン川とチェンコーンの街の眺めは最高です。
歩き疲れたら、サッパリあっさりな飲みやすいラオスビール。
フランスパンのサンドイッチは、ベトナムだけではありません。ラオスでも本場のそれが食べられます。
夜のフエサイは早くて、日が沈むと一気に街は暗くなります。南国とはいえ、夜になると少しひんやり涼しい風にあたりながらふらふら街を歩くのもオツなものです。

フエサイのホテル

フエサイリバーサイドホテル。
元チェンコーンへの渡し船の発着場から街中につながる緩やかな坂を登り切り、メイン通りを少し南に歩いたところにあります。
ツインサイズのベッドに歩けば良い音のするフローリングの素敵なお部屋です。
レストランは、ホテルの名前にふさわしいリバーサイドです。
朝は、自分でも作れるサンドイッチにもなるワンプレートモーニングに、かなりストロングなコーヒーです。
お得な宿泊料金を検索

感想

川を挟んだ向こう側には、違う文化や言語を持つ場所があるという感動は、島国に生まれた私には普段味わえないもので、ワクワクが止まりませんでした。朝になると靄のかかるメコン川が神秘的で、それを見に行くだけでも十分価値があると思いました。

併せて読みたい

タイ・ミャンマー・ラオスの国境が入り混じる国境三角地帯ゴールデントライアングルをご紹介!rizfarm.com/2020/02/06/チェンセーン/

関連記事

投稿者: ritan279

こんにちは。わにたんです。 現在、36歳の主婦です。 旅とピアサポート的な活動を愛しています。 □過去の経歴 高卒後ニューハーフダンサーデビュー▶︎2年間全く芽が出ず挫折▶︎3年目にしてセンター獲得▶︎性別変更▶︎語学留学▶︎タイで就職▶︎日本でOLライフ満喫▶︎結婚▶︎鬱で休職▶︎認知行動療法など学ぶ▶︎当blogを始め勉強中 普段は主婦しながら、関西でピアサポート的な活動をしています。旅や海外生活の経験やトランスライフを中心に書いていきます。 □ピアサポート的な活動とは mtf向けボイスレッスン 情報発信 交流会etc

タイ北部の国境街歩き。チェンコーンとフエサイ、川の向こうからこんにちは!」に4件のコメントがあります

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。