チェンラーイから最もアクセスしやすいポンプラバード温泉をご紹介!

タイ北部からミャンマーシャン州にかけて温泉の名所でもあります。タイ北部の秘境への中継地点として知られるチェンラーイは、実は温泉をたくさん有する温泉好きには放って置けない素敵な街でもあるのです。今回は、そんなチェンラーイの最もアクセスしやすい温泉をご案内いたします!

Wi-Fiルーターとして使える翻訳機

☆もくじ☆

  1. チェンラーイ の温泉とは?
  2. ポンプラバード温泉までは、どうやって行くの?
  3. ポンプラバード温泉について
  4. 気になる入浴料は?
  5. 気になるお風呂は、どんな感じ?
通貨ペア充実の”DMM FX”!

①チェンラーイの温泉とは?

上にも書いたように、チェンラーイは、実は温泉をたくさん有する温泉好きには放って置けない素敵な街でもあり、街の周りに様々な温泉が点在しています。

②ポンプラバード温泉までは、どうやって行くの?

街中にいるトゥクトゥクで簡単に行くことができます。

③ポンプラバード温泉について

チェンラーイの市街地から、パホンヨーティン通りを空港のある北へ走り、少し西の住宅地を5分ほど入った大きな池のある公園の中にあります。トゥクトゥクで10〜15分くらいとアクセスしやすい温泉です。

④気になる入浴料は?

完全個室の浴室は、1人50〜120バーツです。
ネットで簡単☆24時間お申込みOK!
海外旅行・留学・ワーホリ保険のAIG損保

⑤気になるお風呂は、どんな感じ?

トゥクトゥクが屯していたので、「温泉に行きたいんだけど。」というと、見所の写真を指差して「これか?」と優しく教えてくれた。そうと決まれば話は早い。温泉に向けていざ出発!運賃は、はっきりいくらとは覚えてないけど、「え?そんだけ?」って聞き返したくらい安かった。
大通りを出て、住宅地を走ること15分ほどで到着。こちらが、ポンプラバード温泉。
試しに足湯にチャレンジ!足が火傷したって感じるくらい暑かった。
こんな熱いのに浸かれるなんて、凄すぎる。
こちらが浴場のある施設。
石鹸などの販売。
タオルはレンタル。
やっぱり温泉にきたらこれでしょ!
案内された浴室はこちら。
鞄を置いたり服をかけるスペース完備。
湯船に浸かる前にしっかり掛かり湯しましょうとはいえ、水なので源泉を混ぜながらね。
最初は湯船は空なので、お湯を溜めるところからスタート。調整はスタッフさんがしてくれた。
こじんまりした小さな湯船だけど、深くてしっかり肩まで浸かれた。
30分がリミットみたい。
お風呂あがりにはマッサージも!しかもかなり安い。何やら凄腕のマッサージ師が居るとかいないとか。
【Booking.com】世界のホテル割引予約

感想

市街地からのアクセスもよく、街中にいるトゥクトゥクのツアーの行き先の一つに入ってもいて、指差しで連れてってもらえるので、これまでタイで訪れた温泉の中では一番簡単に行くことができました。また、こじんまりとした近所の公園にある近所の温泉というまったり感は、他の2つの温泉よりもずば抜けて素敵でしたし、過ごしやすかったです。

海外航空券+ホテルがお得!<エアトリ>

さいごに

いかがでしたでしょうか?

これまで、中継地点だけではないチェンラーイの温泉は、気に入っていただけましたでしょうか。

日本の温泉も素晴らしいですが、タイの温泉もなかなかのものですよ。

ぜひ、一度タイにも足を伸ばして温泉に浸かりに行かれてはいかがでしょうか?

ポンプラバード温泉、おススメですよ〜!

意外とハマってしまうかも。

それでは、今日はこの辺で。最後までお付き合いありがとうございました。

併せて読みたい

私的にチェンラーイで一押し!また泊まりたいゲストハウス!rizfarm.com/2020/02/03/チェンラーイでまた泊まりたいゲストハウスをご/

関連記事

投稿者: ritan279

こんにちは。わにたんです。 現在、36歳の主婦です。 旅とピアサポート的な活動を愛しています。 □過去の経歴 高卒後ニューハーフダンサーデビュー▶︎2年間全く芽が出ず挫折▶︎3年目にしてセンター獲得▶︎性別変更▶︎語学留学▶︎タイで就職▶︎日本でOLライフ満喫▶︎結婚▶︎鬱で休職▶︎認知行動療法など学ぶ▶︎当blogを始め勉強中 普段は主婦しながら、関西でピアサポート的な活動をしています。旅や海外生活の経験やトランスライフを中心に書いていきます。 □ピアサポート的な活動とは mtf向けボイスレッスン 情報発信 交流会etc

チェンラーイから最もアクセスしやすいポンプラバード温泉をご紹介!」に11件のコメントがあります

    1. dalichokoさん、おはようございます。タイ北部には魅力的な場所が沢山ありますからね。まだいけてないとこだらけだけど、アクセスの難しさや手間を考えると、まさに隠されたユートピアのような、秘境だと思います。行きたいですぅ😊

      いいね

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。