無駄の中にこそ必要なものがある。そんな想いを夜行列車にのせて。

バンコクから北部、東部、南部の各都市まで、いくつかの夜行寝台列車が走っています。

日本でも、昔は色々な種類の夜行列車が走っていたみたいですが、今では数本を残すのみとなり、しかも高額ということもあり、それならバスやLCCを利用しようかと、夜行列車での移動が選択肢にも上がらなくなりました。

わざわざ、タイに来てまで私はなぜ夜行列車で移動するのか。

寝る時間でも、移動して前後一日の時間を有効に使いたいから?

なら、バスの方が安いし早いんだし、バスにしたらいいじゃないですか。

足を伸ばしてゆっくり眠りながら、移動したいから?

なら、飛行機で移動して、ホテルやゲストハウスでゆっくりしたらいいじゃないですか。

そもそも、夜行列車移動なんて、高いし遅いし、お金と時間と労力の無駄であって、何一つメリットなんかないのでは?

確かにそうかもしれません。

早くて快適で便利というのも良いのかもしれませんが、それだけになってしまうと、なんだかつまらないというか、個性がなくなってしまうというか。

昔先輩から、芸術とか娯楽なんてのは、全部無駄で、あってもなくても生活するのに何も困ることなんてないのだけど、生活の中には無駄は必要だと教えられたことがあります。

それは、心のゆとりだったり、希望だったり、自分を自分として保たせてくれる大切なものなんだと。

だからこそ、無駄は必要なんだと。

その先輩にとってのそれは、ガーデニングや絵画でした。

新幹線や飛行機がある以上、安くて列車よりかは早い夜行バスがある以上、それらに快適さでも利便性でも値段でも劣る夜行列車なんて必要ないものであって、無駄なのです。

ですけど、夜行列車が無駄なものであったとしても、それは必要なんです。

旅とは、そんなものではないでしょうか。

旅から無駄を省いたら、味気ないただの移動になります。

なんなら、旅すること自体が時間とお金と労力の無駄なんだと、生きる上で必要ないものだと省かれてしまいます。

お金とかじゃなくて、生活を豊かにできるもの。

それが無駄ではないでしょうか。

無駄こそが、それを可能にしてくれる一番の味方ではないでしょうか。

みんな、そんな無駄をいくつか持っていると思います。

私にとって、それが旅なのです。

懐かしさやワクワクを感じるために、私はお金や時間を無駄にして、心のゆとりを得に行ってきます。

Wi-Fiルーターとして使える翻訳機
暗闇の中ネオンに光るフラワンポーン駅。バンコクの玄関口です。
夜のフラワンポーン駅は、夜汽車を待つ人で賑わっています。
私が乗るのは、22:00発のチェンマイ行きです。
チェンマイ行きの列車が入線する6号線。
22:00発のチェンマイ行きの夜行列車です。後ろに2両だけ寝台車両が連結されています。

  ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
  ┃       DMM FXは国内口座数第1位      ┃
  ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛  
※2017年1月末時点。ファイナンス・マグネイト社調べ(2017年1月口座数調査報告書)
https://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=35HIDW+ATDJ6I+1WP2+6CHB7

   全┃20┃通┃貨┃ペ┃ア┃業┃界┃最┃狭┃水┃準┃!┃!┃
  ━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛

   USD/JPY 原則固定0.3銭 ◆ EUR/JPY 原則固定0.6銭
   GBP/JPY 原則固定1.1銭 ◆ AUD/JPY 原則固定0.7銭

乗り込んだ寝台車は、こんな風でスタッフさんにより座席がベッドに組み立てられているところでした。
仕上がったベッド。ぴっちり綺麗に敷かれたシーツです。
横から見るとこんな感じで、高さも十分にあります。
あまり眠れないだろうと期待してなかったのですが、意外とぐっすり眠れました。
左右2段ベッドの作りで、梯子が廊下に飛び出した造りなので、歩きづらいです。
こんな感じの2段ベッドでした。下段は、寝返り打てるだけの広さはありました。
目が覚めてしばらくウタラディット駅に到着。バンコクに向かう為出発を待つ快速列車とすれ違いました。
朝になると、熱いコーヒーの車内販売が回ってきました。
外の暑さとは裏腹に、いやほど冷える車内では、熱いコーヒーが一番合います。
他にも、時折売り子さんがご飯やジュースやフルーツを売りに来てくれます。
パッタイやサラダに小籠包まで、車内販売はバラエティ豊かです。
シアラートという駅で、結構長い時間止まってたのですが、その間にお弁当屋さんが車内販売に乗り込んできました。お腹空いてたので、即決で購入。ホーリーバジル炒め。美味しかったけど、辛かった。
途中ピサヌロークからデンチャイあたりまで、1時間ほどの遅れで走っていて、デンチャイからはかなりゆっくりの運転だったのに、ほぼ定刻でランパーンに着くという不思議。なんでだろう?
世界最大の宿泊予約サイト、Booking.com
ホテルやゲストハウスの予約は、いつもこちらを利用させていただいています。予約が簡単簡潔にできて、予約変更や現地支払いに対応してくれるプランもあるので、使いやすいです。ホテルやゲストハウス探しには是非!

さいごに

夜行寝台列車の旅はいかがでしたでしょうか。

今回は、私にとっての無駄と言われる必要なものについて書かせていただきました。

なんと言われようと、私はこれを本物の無駄にするつもりはありません。

皆さんにとっての無駄と言われる必要なもの。ぜひ、大切にしてほしいて思います。

最後までお付き合いありがとうございました。

関連記事

投稿者: ritan279

こんにちは。わにたんです。 現在、36歳の主婦です。 旅とピアサポート的な活動を愛しています。 □過去の経歴 高卒後ニューハーフダンサーデビュー▶︎2年間全く芽が出ず挫折▶︎3年目にしてセンター獲得▶︎性別変更▶︎語学留学▶︎タイで就職▶︎日本でOLライフ満喫▶︎結婚▶︎鬱で休職▶︎認知行動療法など学ぶ▶︎当blogを始め勉強中 普段は主婦しながら、関西でピアサポート的な活動をしています。旅や海外生活の経験やトランスライフを中心に書いていきます。 □ピアサポート的な活動とは mtf向けボイスレッスン 情報発信 交流会etc

無駄の中にこそ必要なものがある。そんな想いを夜行列車にのせて。」に13件のコメントがあります

  1. 私は今仕事で自分達が活動する拠点の建物を自分たちの手で建ててます。
    傍目から見るならば、(図面さえ出せば)外注で作ってもらえば早いじゃない?とか、何故そんなに疲れることを自分達でするの?とか、無駄な工程が多い(素人みたいなものだから)たどと思われると思います。
    しかし、そこには今まで知らなかった気づきや、アイデア、繋がり、そして自分達らしさがそこに詰まっていく事を知りました。まだまだ終わらないけど、間違っていないと思ってます。

    りーたんの旅と良く似てますね(* ॑ ꒳​ ॑ *)
    なんか、共感できる部分が多い気がする♪

    いいね: 1人

    1. はるさん、コメントありがとうございます。確かに似ているのかもしれません。私の旅も無駄を省けばもっと安くシンプルにストレスフリーに時間を過ごせるかもしれない。でも、それって旅に個性がなくなってしまう。外装も内装も、全部同じ図面で同じ工程でも作れるし、それでもいいのだけども、そこには個性や作り手の気持ちや建物の温もりは感じられません。どちらが正しいとかはないけど、私は無駄かもしれないけど、無駄が必要だと思うし、自分は無駄を大切にしたい。

      いいね

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。