トランスジェンダー当事者として、何を思って埋没して生きているのか~カミングアウトとアウティング~

こんにちは。

女として生き始めて19年目になると前回書かせていただきました。その内、女として埋没して生活するようになってからは、14年になるでしょうか。

そうそう。埋没って、ご存知ですか?

埋没っていうのは、トランスジェンダーがもともと生まれ持った性別を誰にも伝えずに、周りから悟られる事なく、自らの望んだ性別で社会の中に溶け込み生きていくことを指します。

今回は、当事者というよりも、その周りの人に、女として埋没して生きている1人の人間が、どんなことを思って生きているのかを書いてみたいと思います。

「アウティング」という言葉があります。
性に関する情報を勝手に暴露される行為を指します。
 

「カミングアウト」という言葉があります。
これまで明かしていなかったことを表明することを指します。

皆さんは、身内やお友達や知り合いの方の誰かからカミングアウトされたことはありますか?

また、身内やお友達や知り合いの方の誰かのことをアウティングしたことはありますか?

アウティングについて、どんなふうに思いますか?

性に限定せず、もし自分が誰にも知られたくないと秘密にしていることを、知り合いからポロッと明かされてしまったら、あなたはどんな気持ちになりますか。

嬉しいですか?悲しいですか?あまり、よくわからないですか?

アウティングをされて嬉しい人なんているのでしょうか。

私は嫌です。

軽い冗談であれ、そんなことくらい軽い事だと、もし知り合いにアウティングされたとしたら、私はその人との関係を考え直すことになると思います。

それは、戸籍上の性別の変更が周りに知られるということは、今までの自分の過ごしてきた平穏な時間を、最悪生活そのものまで、失ってしまう可能性があるからです。

当事者にとって過去の事というのは、それくらい繊細な問題です。

皆がみんな、どんな風に考えているのかは分かりませんが、私個人の話として、性転換手術をして戸籍まで変えてまで、わざわざ元の性別のことを、他人から言われたくありません。

そこから笑い話に話が膨らんだとしても、私は笑えません。

私は日常生活において、相手が親しかろうが親しくなかろうが、自分の過去について自ら触れない限り、触れられたくはありません。

面白おかしくとか、軽い気持ちでというスタンスの人には特に。

私は、自らの性別のことを明かした上で知り合った人でなければ、よっぽど信頼を置き、かつ心を許していない限りカミングアウトなんてしませんし、カミングアウトしても大丈夫かどうか、かなり慎重に見極めます。

私が女として生活して14年の間で、カミングアウトしたのは、たったの2人です。それくらい重い事なのです。

一方で、私はある程度自分の過去を、自分のブログで明かしています。

それは、トランスについて悩んでいたり、自分自身がどうしたいのか分からなくて困っている人にとって1つのモデルや1つのきっかけになれたらという事と、トランスについて当事者がどんな経験をしてどんな気持ちで生きているのかを知ってもらうきっかけになれたらという目的があるからです。

決して軽い冗談のネタで明かしているわけではありません。

軽い冗談や自虐で笑いをとるのなら、わざわざ自分の元の性別なんか明かさなくても、それなりにいろいろな失敗と経験をしてきましたから困っていませんし、その必要もありません。

性転換手術をして戸籍上の氏名と性別を変えても、元男として扱われ生きていかなければならないのなら、ニューハーフの業界にいた時と何も変わりませんし、自分自身がそれを望んでいるわけではありません。

自分の元の性別をネタにして誰かを笑わせたり喜ばせたり、何か特別なことをしてやろう!とは思っていませんし、誰かに迷惑かけようなどとも思っていません。

生まれた時から女性の方と身体的や遺伝子的に根本のところで同じになれなくても、それが表面的であったとしても、

女として、周りと同じように、平穏で平凡すぎてつまんないとか我儘言いたくなるくらいの日々を送りたいだけです。

そのために、いわゆる埋没という生き方で自分の過去を明かさずに生きている。ただそれだけなのです。

今回は、女として埋没して生きている1人の人間が、どんなことを思って生きているのかを書いてみました。

あくまで私一人の思いでしかないですが、トランスジェンダーとして埋没して生きる当事者がどんなことを思い感じて考えて生きているのか、知っていただくきっかけになれたなら幸いです。

最後まで読んでいただきありがとうございました。





関連動画

☆関連動画☆下記に記載した内容をYouTubeでもお話させていただいています。画像をクリックいただけましたら、YouTubeにアップした動画が再生されます。
ジェンダー当事者として、何を思って埋没して生きているのか~カミングアウトとアウティング~

女として埋没して生活している1人の当事者として、なぜ女として埋没して生きるのか。どんな思いで、埋没して生きるのかを、10分程度でお話させていただきました。(2020年12月13日)



関連動画

☆関連動画☆下記に記載した内容をYouTubeでもお話させていただいています。画像をクリックいただけましたら、YouTubeにアップした動画が再生されます。

併せて読みたい

女として埋没して生きる私が、男であろうともがいた子供時代 rizfarm.com/





関連記事


治療関連


オレが私になるまで 1【電子書籍】[ 佐藤 はつき ]


オレが私になるまで 2【電子書籍】[ 佐藤 はつき ]

投稿者: ritan279

Lisa Kawakami 旅を愛する元ニューハーフ。 関西を拠点に、夫婦で移動販売業を営みつつ、トランスジェンダー当事者の方向けにボイストレーニングやピアサポート的な活動をしています。 □過去の経歴 高卒後ニューハーフダンサーデビュー▶︎氏名性別変更▶︎女性として埋没生活▶︎語学留学▶︎タイで就職▶︎福祉関係に入職▶︎結婚▶︎鬱で休職▶︎飲食店を営む▶︎精神保健福祉士取得▶︎ボイストレーニング教室を始める▶︎移動販売業に転向▶︎今に至る □ピアサポート的な活動とは mtf向けボイスレッスン 情報発信 交流会etc □移動販売業とは 〜準備中〜

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。