女として生きる元ニューハーフの私が思う“女として生きるということ”

☆関連動画☆下記に記載した内容をYouTubeでもお話させていただいています。画像をクリックいただけましたら、YouTubeにアップした動画が再生されます。

こんにちは。

 戸籍上の性別の変更ができるようになったとき、私は大阪にあるけっこう老舗のショーパブでニューハーフダンサーとして働いていました。

戸籍上の性別が変えられると知った時は、本当に心から“救われた”と思ったことを覚えています。

それまでは、ニューハーフは、あくまで仕事と割り切って男として生きていく、或いは一生ニューハーフとして生きていくかのどちらかのようなものでした。

中には、理解ある会社さんが雇ってくれて、一応女として働きながら、今でいう埋没しながら生きている人もいらっしゃいましたが、業界では大きく分けて先に記した生き方が当たり前だといわれていました。

ですので、私は将来自分のお店をもって生きていくという目標を持って働いていました。

でも、そのために何か努力しているというわけではありませんでした。

そんな私の人生を大きく変えたのが、戸籍上の性別変更ができるようになったということでした。

とはいえ、当時私の周りでそんなことをしてる人もいなければ、私の周りのニューハーフから見た埋没という生き方をする人のことは「自分のことを女だと勘違いしているかわいそうな人」という認識でしたから、誰にも相談なんかできませんでしたし、思い切って一歩を踏むことが、なかなかできませんでした。

私の他にも、相談できる人がいなかったり、なかなか一歩を踏み出せなかったり、女として生きることなんか自分には無理と考えてる方もいるんじゃないかと思い書かせていただきました。

今回この記事が、そんな人の目に留まり、心地よい一押しができたら幸いです。

目次

  • 女として生きていくなんて、本当にできるの?
  • 私も女として生きていくなんてニューハーフとして働いていた時は諦めていました。でも、今は女として生きて13年目。結婚してそれなりに楽しく生きています。
  • こんな私が、女として生きる上で感じてきた”3つのコト”をご紹介します。

女として生きていくなんて、本当にできるの?

異性として生きる。

 そんなこと本当にできるのだろうか。

生まれつき小柄だったり、女顔だったりとか、そういう一部の恵まれた人だけの特権みたいなもので、自分にはどこか遠い世界だと思ってしまいます。

大丈夫です。

背が高くても、男顔であっても、決して若くない年齢でも、女として生きている人はたくさんいます。

私もそうです。

今日は、私の場合どうだったかを紹介したいと思います。

私も女として生きるなんてニューハーフとして働いていた時はあきらめていました。でも、今は女として生きて13年目。結婚してそれなりに楽しく生きています。

私は決して、小柄でもなく女顔でもありません。

男としても、決して美形でもなくかわいい顔をしていたわけでもなく、どこにでもいそうな普通のお兄ちゃんという感じでした。

学生時代にバスケットボールをしていたのもあり、身体も筋肉質で手も大きく足の筋肉なんか子持ちシシャモのようで、“子持ちシシャモ”とあだ名をつけられていたくらいでした。

そんな私でしたけど、高校を卒業して女として生きると心に決めて、始めこそ周りから指さされたり、こそこそ馬鹿にされるクオリティーでしたけど、ニューハーフの世界に飛び込んで、ホルモン注射や体や顔の手術と、そして女らしいしぐさや立ち振る舞いなどを徹底的に叩き込んでいただきました。

23歳の時に戸籍上の性別変更を完了し、24歳でニューハーフを引退して以降、今に至るまでずっと女として生きています。

手術やホルモンのおかげで、筋肉もだいぶ落ち着き、人前で出せる足になりましたし、どこからどう見てもお兄ちゃんだった顔も、今ではちゃんと女で通る顔にもなりました。



こんな私が、女として生きる上で感じてきた“3つのこと”をご紹介します。

見た目も大切だけど、女らしいしぐさや立ち振る舞いが大切

いくら見た目を奇麗にしても、しぐさや立ち振る舞いが男のままであれば、周りから見たその姿は違和感の塊です。どすの効いた低い声で、喋ったりとかもそうです。

ニューハーフの時はあえてそういうことをしていました。なぜなら、そのギャップのオンオフをお客様は楽しみに遊びに来られるからです。

ニューハーフとして、自分を磨きたいのであれば、そういったギャップを磨けばいいと思います。でも、女として生きたいのであればそういったギャップは必要ありませんよね。

女としてのしぐさや立ち振る舞いを磨いて、見た目だけではない女らしさを身につけましょう。

人の目を考えたくなければ、自分の身なりを整えよう

女として生き始めたばかりの時は、特に周りの目が気になりますよね。

自分の方を見られていたのではないか?さっきすれ違いざまに「キモッ!」って言われたのではないか?とか。

自分自身に自信がつくまでは、どうしてもそう言ったものと毎日格闘しなければなりません。

しまいにはそんな周りからの反応があるという思いにも、女として生きていくことにも慣れていきます。

何事も、慣れないことを始める時は、臆病になるし、自分が小さくなってしまうものです。こればっかりは場数しかないと思います。

私なんかも、実際こっち見て笑われたとか、後ろから肩たたかれて振り向いたら「ウワッ!ヤバッ!!こいつほんまにオカマやった!(笑)」と言われたりとか、嫌ほどそんなこと経験してきました。本当につらかったですし、毎日のように死にたいと落ち込んでいました。

それがある程度、身なりや立ち振る舞いがまとまってきたらパタッとなくなりました。

たまに声かけられたなと思えば、「お姉さん。ちょっとお話したいんですけど、仕事探してませんか?」みたいなキャッチだったり。

いまでは、声がかかるも指さされるも、周りには人よりも鳥や牛の方が多いところで生活しているので、もしかしたら身なりや立ち振る舞いが整うまでは、こういった田舎で生活するのがいいかもしれませんね。

指は刺されないけど蜂には刺されるかもしれませんけどね。

女になるのがゴールじゃない。女になってからがスタート!

男として生きていくことが苦痛で、女になると決心して女になったわけですよね。もろもろの条件はありますが、幸い今は戸籍上の性別まで女になれる時代です。

念願かなったわけですから、思うように羽ばたけばいいと思います。

というより、女になったところからが、人生のスタートではないでしょうか。

女になることがゴールではありません。女になってようやく自分の人生を始められるわけですよね。

女として生活するまでって決して簡単でなかったはずだし、嫌なことももいっぱい経験してきたことだと思います。

女になってまで、後ろめたさや自信のなさに苦しむことなんてないと思います。自分にもっとお疲れさまって言ってあげてください。自分をもっと楽しませてあげてください。

私も女になってから、自分の夢を一つずつかなえていっています。みなさんも、女になるよりももっと前に夢はあるでしょう。

もし、あまりイメージがつかないという方がいらっしゃれば、

「OOになりたい。」「OOをしてみたい。」という夢を「女になったらOOになりたい」「女になったらOOをしてみたい」と置き換えてみてはいかがでしょうか。

今回は、元ニューハーフの私が女として生活している中での経験と感じたことを書かせていただきました。

私の他にも、すでに女として生きている方、これから女として生きていこうと思っている方、自分にできるのかなって悩んでいる方の目に留まり、一歩踏み出すきっかけに慣れたなら幸いです。

最後まで読んでいただきありがとうございました。





関連動画

☆関連動画☆下記に記載した内容をYouTubeでもお話させていただいています。画像をクリックいただけましたら、YouTubeにアップした動画が再生されます。



関連記事


花柄開襟ノースリーブワンピース 大きいサイズ レディース ワンピース ワンピ 開襟シャツワンピース 小花柄 花柄 開襟 シャツ ミモレ ノースリーブ 膝下 ウエストゴム 半袖 半そで 膝下 ミディアム 春 夏 夏新作 LL LLサイズ 2L 3L 4L XL 13号 15号 17号 ネイビー 紺 navy






治療関連


オレが私になるまで 1【電子書籍】[ 佐藤 はつき ]


オレが私になるまで 2【電子書籍】[ 佐藤 はつき ]


オレが私になるまで 3【電子書籍】[ 佐藤 はつき ]

投稿者: ritan279

Lisa Kawakami 旅を愛する元ニューハーフ。 関西を拠点に、夫婦で移動販売業を営みつつ、トランスジェンダー当事者の方向けにボイストレーニングやピアサポート的な活動をしています。 □過去の経歴 高卒後ニューハーフダンサーデビュー▶︎氏名性別変更▶︎女性として埋没生活▶︎語学留学▶︎タイで就職▶︎福祉関係に入職▶︎結婚▶︎鬱で休職▶︎飲食店を営む▶︎精神保健福祉士取得▶︎ボイストレーニング教室を始める▶︎移動販売業に転向▶︎今に至る □ピアサポート的な活動とは mtf向けボイスレッスン 情報発信 交流会etc □移動販売業とは 〜準備中〜

女として生きる元ニューハーフの私が思う“女として生きるということ”」に18件のコメントがあります

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。