お勧めTSFコミック5選

こんにちは。

皆さん、自分に使う癒しの時間ってどんなことに使っていますか。

私は、空いた時間に漫画を読むということをしています。

漫画といえども色々なジャンルがあるのですが、私はTSFと言われるジャンルの漫画を好んでよく読んでいます。

さて、TSFとは一体どんなジャンルなのか、またどんな作品があるのかというお話を今回はさせていただきたいと思います。

目次

  • TSF(トランスジェンダーフィクション)とは
  • オレが私になるまで
  • 個人差あり〼
  • 彼は彼女に変わるので
  • ボーダー
  • 彼女になる日
  • なぜ、私がTSFを好んで読むのか。

TSF(トランスジェンダーフィクション)とは

TSFとは、異性への性別の入れ替わりや転換を題材としたフィクション作品という一つのジャンルをいい表す敬称です。

今回ご紹介する作品の数々は、何かしらの事象で性別が変わってしまう。また、異性の人物と何かしらの事象で心と身体が入れ替わってしまう。はたまた、性別が変わったり入れ替わったりというものではなく、現実的に身体を入れ替えて生きる人物を描いたという作品を厳選して、より個人的に良かったと思えた作品です。

では、早速作品についてお話を進めていきたいと思います。

オレが私になるまで

佐藤はつき先生の作品。


小学生の男の子が、ある日朝起きたら女の子になってしまって、原因も直す方法もわからないまま、女の子として生活することになるが、これまで男の子として生きてきただけに人間関係もガラッと変わってしまい、環境に馴染めず親子で引っ越しして女の子として一から再スタートすることになる。もとに戻りたいと思う主人公の気持ちとは裏腹に女として成長していく自分の身体に恐怖感と戸惑いを抱えるつつ、新しく出来ていく人間関係の中で自分自身に向き合いながら成長していくというストーリーです。


オレが私になるまで 1 (MFC)

個人差あり〼

日暮キノコ先生の作品。


会話も減ってきてはいるが、どこにでもいる普通の夫婦を襲った突然の出来事。それは、「異性化」。ある日突然夫が女になってしまい、医師に相談するももとに戻る方法はないとのことで、二人の関係は一変してしまう。なんとか良好な関係を保とうとする二人だったが、夫は会社の先輩と一線を超えてしまい、、、


個人差あります(1) (モーニングコミックス)

彼は彼女に変わるので

中てい先生と壱崎煉先生の作品。


顔や雰囲気から周りから距離を置かれている主人公の青年。そんな彼もある秘密を抱えており、友人も恋人も作らず周りとの距離をとっていつも一人でいる。その秘密とは、日没が来ると性別が入れ替わってしまうのだ。

これまでうまく自分の秘密を隠してやってきたのに、ある日過去の喧嘩が原因で疎遠になってしまった親友に、またひょんなことがきっかけで苦手と思っていたクラスメイトに自分の秘密がバレてしまい、主人公が保ってきた環境が一変してしまい、、、


彼は彼女に変わるので(1) (裏サンデー女子部)

ボーダー

渡辺ペコ先生の作品。


主人公の友人をひったくりから助けてくれた女性に惹かれてしまった主人公。なんとか近づきたいとアタックするもそんな彼女にはとても大きな秘密があって、、、


ボーダー 1 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL)

彼女になる日

小椋アカネ先生の作品。


幼馴染がある日突然女になってしまった。しかし、主人公は過去のトラウマから大の女嫌いで、、、

これまでよきライバルで親友だった幼馴染との関係に戸惑いも抱きつつも、変化していく感情。二人の関係は一体どうなっていってしまうのか。


彼女になる日 1 (花とゆめコミックス)

なぜ、私がTSFを好んで読むのか

今回は、私がこれまで様々なTSFを読んできて、最も良かったなと思えた作品をご紹介させていただきました。

色々なジャンルの漫画がある中で、なぜTSFというジャンルを好むのかというと、生まれ持っての男女が題材の恋愛であったり人間模様であったりする作品ももちろん読みますし、その中でも好きな作品もあるのですが、私個人としては、感情移入のしやすさという点から見たときに、どちらの方がしやすいかというと断然TSFなんです。

元の性別ではないと言うところから来る引け目であったり、罪悪感など、そういった感情の揺らぎという部分に、頷けたり時には涙したりというふうに、現実の自分に当てはめられるのです。

性別を題材にするということに、面白おかしくストーリー展開する出汁に使われてしまうということも言われたりもしますが、真面目に性別について考えさせられたり、わかりやすい形で性別について考える機会が生まれるメリットもあるので、私としてはこういった漫画がどんどん出てきてくれるとありがたいと考えます。

最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。

関連動画



投稿者: ritan279

Lisa Kawakami 旅を愛する元ニューハーフ。 関西を拠点に、夫婦で移動販売業を営みつつ、トランスジェンダー当事者の方向けにボイストレーニングやピアサポート的な活動をしています。 □過去の経歴 高卒後ニューハーフダンサーデビュー▶︎氏名性別変更▶︎女性として埋没生活▶︎語学留学▶︎タイで就職▶︎福祉関係に入職▶︎結婚▶︎鬱で休職▶︎飲食店を営む▶︎精神保健福祉士取得▶︎ボイストレーニング教室を始める▶︎移動販売業に転向▶︎今に至る □ピアサポート的な活動とは mtf向けボイスレッスン 情報発信 交流会etc □移動販売業とは 〜準備中〜

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。