月曜日にしかバスがない?​なんとも辺鄙な場所にある楽園。

嘘みたいな本当の話。バスが一日ではなく、一週間に2日しか行き来しない場所がある。

今回は、移行中のトランスにこそオススメしたい旅のススメ。トランスだからといって我慢しない旅をご提案シリーズの番外編。

場所は、日本一長い路線バスの最後の休憩場所でもある十津川村からお届けする。

1週間に2本しかバスが来ない場所なんて本当にあるの?

事実、ある。

それは、十津川バスセンターから奥果無を結ぶローカル路線バスなのだが、毎週月曜日の午前と正午くらいに2往復だけするという。

奥果無は、十津川村から南に本宮との間にある山上にあるバス停だ。

その途中には、果無集落や果無峠の登山口など、見どころ満載。

今回、この週の最終バスを見事に見逃した月曜日の正午過ぎ。

途中にある山上の楽園と呼ばれる果無集落を、泣く泣く徒歩で目指した。

果無集落は、本当に楽園なのか?

十津川で教えてくださった現地の方がいうところによると、たまに癒されに山の上にある果無集落に行き、ピクニックのような感じでお弁当を食べたり、景色や雰囲気に癒されに行くのだとか。

また、高野山から本宮大社までを繋ぐ熊野古道小辺路の途中でもあり、この十津川から本宮大社を目指して多くの方が、休憩に立ち寄り、ここで癒されて先にある峠に向かうのだそうだ。

正直、私自身たどり着いてみるまで半信半疑だった。

中辺路の発心門王子から熊野本宮大社までの山道に比べて、全然比べものにならないくらい急で激しい傾斜かつ陽の光も遮られ薄暗く山深い小辺路を歩く中で、こんなところに本当に楽園なんてあるのかなんて、思いませず全く期待もせず楽園を目指した。

それでは、果無集落が本当に楽園なのかを以下でご紹介させていただきたい。

果無集落を目指してみよう

今回の旅の起点は、こちら!日本一長い路線バスの休憩地でもある十津川バスセンター。
今回の目的地は、果無峠にある果無集落。
十津川村の方もたまに癒されに訪れる場所だそうだ。
果無集落は、高野山から熊野本宮大社を結ぶ熊野古道小辺路の途中にある。
十津川は、愛も変わらずエメラルドグリーンに輝く綺麗な川だ。
さて、峠への入り口はこちらの吊り橋から。谷瀬の吊り橋に比べたらスケールも小さくこじんまりした吊り橋だが、高さも揺れも結構なスリルだ。
吊り橋からしばし上り坂を登ったところにある小辺路の登山口がある。
写真ではなかなか伝わり辛いが、この小辺路は中級から上級者向けのハードな山道だ。油断すると危険な急な角度の上り坂に、一応整備はされてはいるものの油断の許されない階段には、目線が外せない。
ひたすら急な斜面を登り続ける訳で、中国の泰山を6時間で駆け上がった私ですら、大苦戦させられた心臓破りの小辺路。何が悲しいって、休憩すべくベンチすらなかなか見当たらないということ。
ほんの数十分の山歩きで、身体中から汗が吹き出し、息を荒げてたどり着いたのは、こちらのゲート。野獣侵入防止のためらしい。
ゲートを越えると一気に景色が変わった。山上のオアシスのごとく。綺麗に整備された棚田が山中にポツンと広がる。
整備された水路の先には、信じられないくらい大きな鯉。何年くらい生きているんだろう。
集落内の一つ一つがなんだか魅力的。
集落の中をつっき抜けて先に進むんだけど、なんか極楽っていうか、天界っていうか、人間死んだらきっとこういうところに魂は登って行くのかなって思えるような素敵な場所だ。
この小辺路も、世界遺産に登録している。
ちなみにこの果無集落にも、男女共用のお手洗いがある。
そして、綺麗に整備されているのでありがたい。
急な心臓破りの小辺路が厳しい方には、ちゃんと迂回路があり車で訪れることも可能。
川面に映る柳本橋。
遠方から眺める十津川村。川に映る村の姿もなかなか神秘的。

無集落は本当に楽園だった

実際に訪れてみて、集落まで続く長く険しい山道を歩いているときは、不安しかなかったが、実際に集落を歩いてみて感じたのは、なんか「やっと帰ってきたんだ。」という懐かしさだった。

刈られた後の稲、軒先に吊り下げられた干し柿、ため水の中で優雅に泳ぐ巨大な鯉。

どの一つ一つをとっても、普段便利な中で生きる自分たちの世界とはかけ離れた世界が眼前に広がる。

聞こえる音は風に靡く草木の音、遠くで囀る鳥の声。

普段の生活の中で忘れかけている何か大切なものを、取り戻せるかのようなそんな場所だった。

おそらく、辿り着くまでの長く険しい小辺路の山道とのギャップがそれをさらに思わせるからなのかもしれない。

なので、きついかもしれないけど、しっかり準備をして、あえて迂回路ではなく、バスでもなく、小辺路を登って果無集落を訪れてほしい。

移行中のトランスだからって温泉を諦めなくてもいい

移行中のトランス時代には、無意識の中でも温泉は諦めていた。

当時、旅とか温泉にそこまで興味が、おそらく必然的に向かなかったのも、原因であるかとも思うのだが、とにかくお風呂的な物には自分から自発的に近づかないようにはしていた。

ニューハーフ仲間と一緒にどこかにでかけると言った時くらいじゃなかっただろうか。

自分がこんなのだから、人に迷惑をかけないように我慢しなくてはならない。

こんな生き方を選んだのは自分だ。トイレやお風呂が自由に使えなくなるのは、自己責任だ。

確かにその通りなんだけど、これまで通りではないにせよ、以前よりかは誰でも使えるトイレとか、足湯とか、移行中であれ誰にも迷惑なんてかけることなく、移動や温泉を楽しめる環境は整ってきている。

自分の気持ちだけで、突っ走って誰かを傷つけてはならない。

しかし、自分たちにもできる範囲で、楽しみを追求することを我慢しなければならない決まりなんてない。

これからも、移行中のトランスでも楽しめるスポットを探しては、発信していきたいと思う。

さて、この十津川村にある十津川温泉は日本名湯百選に選ばれたハイレベルな温泉で、残念ながら貸切などは日帰りでは利用できないが、足湯は大変充実している。

十津川バスセンター周辺だけでも、徒歩圏内に3つもあるので、日本一長い路線バスでの10分間の休憩時にでも、また別途十津川村を訪れた際にも、可能な限り巡ってみてもらいたい場所である。

十津川バスセンター周辺の足湯

  • 十津川バスセンター内(温度はかなり高め。一気に身体全体が温もる。)
  • 庵の湯(十津川バスセンターの道挟んで向かい。景色が抜群。温度高め。)
  • 地域交流センターいこら(温度はぬるめ。手湯と飲泉がある)
十津川温泉は日本名湯百選に選ばれる高レベルな温泉。残念ながら立ち寄りで貸し切り可能なお風呂はないが、足湯は充実している。移行中のトランスにも嬉しい環境だ。
日本名湯百選に選ばれた十津川の湯で、登山で疲れた足を癒す。
地域交流センターいこら内にある足湯は、温度もぬるめで入りやすい。
ここが素晴らしいのは、手湯と飲泉がある。乾いた喉を温泉水で癒すのもなかなかいいものだ。

移行中のトランスでも旅しやすい十津川村

十津川村内には、バスセンターの他、いこらの中にもだれでもトイレが完備されている。十津川温泉には、立ち寄りの貸切風呂はないものの誰でもトイレや男女共用トイレと足湯が充実しているので、移行中のトランスでも旅しやすい観光地である。

山間の名所ならではのグルメを楽しもう

そして、山間の街に来たら田舎ずしは外せません。また、少し前までは陸の孤島とまで言われた十津川のお正月には欠かせない郷土料理の秋刀魚寿司。塩抜きにした秋刀魚をご飯に乗せて2週間から1ヶ月かけて発酵させて作るというもの。ぜひ、十津川に来たら、見逃さず食べて帰りたい一品。
ゴボウに干ぴょうの昆布巻き。甘酸っぱい酢飯がたまらない。
このほかにも、紀伊半島名物のめはりずし。高菜漬けで巻かれたおにぎりの酸っぱさは、すぐに病みつきになるほどの強力なインパクト。

十津川温泉へのアクセス

大和八木、五條バスセンター、本宮大社前、新宮などから、1日3〜4本のバスが行き来している。
このほかにも、十津川村営バスが十津川バスセンターと本宮大社間との間に一日数便バスを走らせている。
日本一長い路線バス利用での各停留所までの運賃一覧。

さいごに

トランスだからといって、トイレにしても、お風呂にしても、ネガティブな方向に考えてしまうタネになってしまうのだけれども、私個人としては、トイレに関しては、周りからの見た目にとって相応しい方、そしてお風呂は少なくとも身体を変えてからという考えを持っています。

それは、周りとのトラブルを避けるためです。

最初に述べたように、周りの気持ちを汲むためというのももちろん、自分自身の安全と気持ちを守るためです。

気持ちだけで突っ走りたくなる気持ちもわかりますが、その気持ちを現状可能な形で満たせるようにと、今後もこのような取材と発信を続けていきたいと考えています。

最後まで、読んでいただきありがとうございました。

広告PR









関連記事

投稿者: ritan279

Lisa Kawakami 旅を愛する元ニューハーフ。 関西を拠点に、夫婦で移動販売業を営みつつ、トランスジェンダー当事者の方向けにボイストレーニングやピアサポート的な活動をしています。 □過去の経歴 高卒後ニューハーフダンサーデビュー▶︎氏名性別変更▶︎女性として埋没生活▶︎語学留学▶︎タイで就職▶︎福祉関係に入職▶︎結婚▶︎鬱で休職▶︎飲食店を営む▶︎精神保健福祉士取得▶︎ボイストレーニング教室を始める▶︎移動販売業に転向▶︎今に至る □ピアサポート的な活動とは mtf向けボイスレッスン 情報発信 交流会etc □移動販売業とは 〜準備中〜

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。