国境三角地帯を歩く。チェンセーンからこんにちは!

チェンセーンは、タイ北部にあるラオスとの国境を有する街の一つで、チェンコーンの少し北に位置する小さな街です。

チェンセーンの国境は、外国人には開かれていないので、行ったところで、ラオスには渡れず特に用事はないのですが、チェンセーンは国境だけではなく、ラオスとミャンマーとの国境が重なるゴールデントライアングルという場所があります。

ここは、以前はケシの栽培で栄えた場所で、外国人が観光なんかで近寄るなんて考えられないような場所でしたが、政府による介入などにより、今ではタイ北部を代表する観光地の一つになりました。

今回は、チェンセーンにあるゴールデントライアングルをご紹介します。

もくじ

  • チェンセーンの街
  • チェンセーンへのアクセス
  • ゴールデントライアングル
  • 感想
為替取引を始めるなら≪DMM FX≫

チェンセーンの街

チェンコーンの北に位置するラオスとの国境の街チェンセーンは、メコン川に沿って広がる小さめな街。
チェンセーンからもラオスまで船で渡る事ができるが、タイ人とラオス人以外の外国人の利用は許されていない。
海外旅行保険のAIG

チェンセーンへのアクセス

タイ北部のチェンセーンの街は、チェンラーイ の他、バンコクやチェンマイからの長距離中距離バスが行き来しています。
チェンセーンまでのバスは、チェンラーイの第1バスターミナルから出発しています。
チェンラーイの第1バスターミナルは、タイ北部の各地を結ぶローカルバスが主に発着しています。
チェンセーン行きのバス。
チェンセーン始発のバスは、メコン川にあるラオス行きの渡し船の発着所兼イミグレーションの近く。
Wi-Fiルーターとして使える翻訳機

ゴールデントライアングル

チェンセーンから北にしばらく。タイとラオスとミャンマーとの国境に位置するゴールデントライアングルという場所があります。昔は、ケシの栽培で栄え観光なんかでくるような場所ではなかったが、今では国境が重なるという立地を活かして、タイ北部を代表する観光地となり今に至る。
チェンセーンからメーサーイを繋ぐソンテウを利用する事でどちらかの街からアクセス可能。プラカットプカオ寺から、ゴールデントライアングル名物の国境を眺める事ができる。
戦時中に命を落とした日本兵の魂を鎮魂する碑もある。
丘の上から眺める国境。真ん中の平原を抱えるミャンマー。
対岸は、観光客誘致に向けてか開発が進むラオス。カジノがあったり、ショッピングモールが作られているのだとか。
海外ホテル検索、Booking.com

感想

高台から眺める国境は圧巻でした。左を向けばミャンマーが、正面にはラオスが、そして今足をつけている場所は、タイという国境に特に思い入れがなくてもワクワクが高まり来てよかったと思える場所だなと思いました。ラフな格好に小さな船で国境を越える地元の人達を見ていると、国境は地元の人に対しては実に身近なものなんだろうなと思いました。日本にはない感覚として、遠目にでも触れる事ができて良かったです。

併せて読みたい

タイ北部の国境街歩き。チェンコーンとフエサイ、川の向こうからこんにちは! rizfarm.com/2020/02/05/タイ北部の国境の街チェンコーンとラオスのフエ/

関連記事

投稿者: ritan279

Lisa Kawakami 旅を愛する元ニューハーフ。 関西を拠点に、夫婦で移動販売業を営みつつ、トランスジェンダー当事者の方向けにボイストレーニングやピアサポート的な活動をしています。 □過去の経歴 高卒後ニューハーフダンサーデビュー▶︎氏名性別変更▶︎女性として埋没生活▶︎語学留学▶︎タイで就職▶︎福祉関係に入職▶︎結婚▶︎鬱で休職▶︎飲食店を営む▶︎精神保健福祉士取得▶︎ボイストレーニング教室を始める▶︎移動販売業に転向▶︎今に至る □ピアサポート的な活動とは mtf向けボイスレッスン 情報発信 交流会etc □移動販売業とは 〜準備中〜

国境三角地帯を歩く。チェンセーンからこんにちは!」に7件のコメントがあります

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。