真のトランスジェンダーって何?

私がトランスを始めたのは、18の頃です。

その頃は、性同一性障害なんてなかった(確か日本での施行は2004年頃からだったと思います。)し、特例法なんてのも、まだありませんでした。

女として生きるなんて、夢物語程度にしか思っていなかったし、そんなこと言おうものなら、ホルモンボケだとか女だと自分のこと思うなんて勘違いも甚だしいと、よく叱られたものです。

それなら、なぜそんな生き方をしてたかと言うと、男で生きることができなかったからです。

デートしてる時、隣には男性にいて欲しかったし、ベッドに入る時には隣に男性がいて欲しかった。その時自分自身は女としてそこにいたかった。

それしか考えられませんでした。

痛みの少ない医療脱毛機

性同一性障害が日本で根付く前からそう思い、整形や豊胸やSRSを受け、仕事もプライベートも外見的には、ニューハーフとして、また女として生きていました。

性同一性障害という名前を知ったのも、診断を受けたのも、その後についたものでした。

障害といいますが、

果たして、私は病気なのでしょうか?

あくまで、性別変更をするための工程としか考えていませんでしたし、病気だとは思ってませんでした。

こうして生きるのが、私にとって、自然なことかと思っていました。

病識がないことが病気だといえば、確かにその通りかもしれませんが。

そもそも、もうじき疾患から外れますけどね。

強いて言えば、当時生まれ持った性別を変更するなんて絶対に無理だという認識が当然であり当たり前であった時代でしたから、当たり前の常識を、根底から覆すかのような取り組みだったと思いますので、制度上疾患とするくらいのことが必要だったのかなとか素人考えですが思ったりもします。

通貨ペア充実の”DMM FX”!

診断を受けたから本物だとか、好きな事全て我慢して、缶ジュース買うのも我慢してトランスを進めるものが本物だとか、埋没して女として生きられる者だけが本物だとか、私個人的には違和感しか感じません。

ある当事者の方がジェンダーバイアスに一番縛られているのは当事者自身ではないかと仰っていたのが、ものすごく当てはまる気がして、頭から離れませんでした。

女として生きると決めたなら、パスして埋没して元の性別を明かさず生きていかなければならないのだろうか。

埋没者が元の性別を明かしたり、顔出しをする事に対するバッシングがあったりもします。

埋没からブログや動画で顔出しまでしている私も、バッシングを受け削除したことがあります。

それでも、また顔出ししてある活動のPRに協力した私に対して、快く思わない人も多いでしょうし、実際にそれに対するバッシングもあります。

ある人からしたら、そんな私は、逸脱者であり裏切り者であり偽物なのでしょう。

ホットペッパービューティー

私は15年女として埋没して生きてきました。

今も、リアルでは24時間女として生きているし、これだけ長く生きてると、これが自然だし、こういう生き方しかできません。

カムアウトしている友人や親族は、男とか女とか、そんなカテゴリよりも、私という人間で関わってくれてるし私も関わっています。

果たして、このような生き方が偽物なのでしょうか?

本物か偽物なんて、私からしたら意味がわからないし、意味のないものです。

神藤多喜子先生監修「おっぱい体操ふんわり美乳ノンワイヤーブラ」

ある当事者がある当事者の一人を、あいつは精神的には只の男だというような主旨の発言をしていたのを見て、ため息が出ました。

人のことなんか、その人にしか分からないのに、その人を精神的に男だとか女だとか、赤の他人が何を決めつけているのかと。

それをされて嫌なことは、辛く苦しいことは、当事者が一番わかってるはずではないのか。

性同一性障害にしても埋没としての生き方にしても、当事者が一番囚われていると思います。

だから、埋没者はノンパスを甘えや努力不足だというところに、すぐに結びついてしまうのかなと思います。

決してそうではないし、様々な事情があり動けない人もいます。

それがただの言葉足らずであればと願うばかりです。

これまでの辛い経験や思いがあるからこその偏りなのかもしれません。

私にもその気持ちがわからないわけでもありませんが、行き過ぎるものに対しては、快くは思えないかなと思います。

真の性同一性障害や真の埋没なんかに、囚われず自分が自分として納得して生きていきたいと思います。

それが自分らしさというものなのかなと思います。

私はそう思って今日という1日を、寝息をたてる夫の隣で終えようとしています。

A8.netの公式ページ

関連記事

治療関連

投稿者: ritan279

こんにちは。わにたんです。 現在、36歳の主婦です。 旅とピアサポート的な活動を愛しています。 □過去の経歴 高卒後ニューハーフダンサーデビュー▶︎2年間全く芽が出ず挫折▶︎3年目にしてセンター獲得▶︎性別変更▶︎語学留学▶︎タイで就職▶︎日本でOLライフ満喫▶︎結婚▶︎鬱で休職▶︎認知行動療法など学ぶ▶︎当blogを始め勉強中 普段は主婦しながら、関西でピアサポート的な活動をしています。旅や海外生活の経験やトランスライフを中心に書いていきます。 □ピアサポート的な活動とは mtf向けボイスレッスン 情報発信 交流会etc

真のトランスジェンダーって何?」に6件のコメントがあります

  1. どんな人にも障害なんてありませんよ。
    障害なんて本人以外の人が勝手に言っていることです。
    本人の気持ちが一番。
    もっと広くジェンダー教育が広まることを期待しています!
    (=^・^=)

    いいね

    1. コメントありがとうございます。
      はい。私もそう願いますし、だからこそ、細々ながら、発信し続けます。
      模範や手本ばかりでなく、本人の気持ちが、もう少し尊重される世の中であって欲しいですね。それは、外側からも内側からも。
      一緒に考えてくださり、とても嬉しいです。
      本当にありがとうございます。

      いいね

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。