mtfにとって声は死活問題。ボイトレしてもなかなか成果の出なかった私が、最近ようやく気付いたこと。

どうも!りーたんです。

今日は、声の話です。

元男だし声変わりしてるから、声はやっぱり低いし太かったです。

トランスして埋没して暮らす上で、声は死活問題です。

ニューハーフを辞めて、女として生きると決めた時、今の声では絶対に仕事にも生活にも、困るだろうとボイストレーニングを始めました。

初心者からデイトレーダーまで好評の取引ツール

当時は情報も少なく、唯一見つけた桜庭先生という方が行うボイトレを東京まで月1のペースで受けに通いました。

ここでの練習は、主に裏声と表声の強化や自分の音域を知り広くすること、朗読や歌でした。

確かに裏声は鍛えられました。

その甲斐あって、OLとして会社勤めと、女の子としてラウンジでのダブルワークをしていました。

ですが、何が変わったのか自分の中でもよくわからないままで、時々「きみ、声低いよね?」とか「酒焼け?」と言われて、ヒヤッとすることがよくありました。

「だって、これまでずっと夜だったんですもん。こんな声じゃなかったのにな~。」とか言いつつ、ごまかしていました。

ばれたりはしないけど、自分の中で自分の声にやはりモヤモヤが残り、思い切って、手術を受けることにしました。(下に続く)

痛みの少ない医療脱毛機

☆喉の手術に関しての詳細は、下記記事をご覧ください☆

こんにちは!りーたんです。 今日は、当ブログの前身でもあるアメブロの方で以前書かせていただいた記事になりますが… — 読み進める rizfarm.com/2019/10/20/タイで受けた喉の声帯の手術について。/

手術というのは、声帯の一部を切り取り、短くする事で、声の低い部分を出なくさせるというものです。

術後、確かに低い音や響きはなくなりました。

ただ、高い部分も出なくなりました。

声域が狭くなりました。

また、声の質や特徴はそのままなので、声が劇的に変わるとか高くなるというようなことはありませんでした。

だから、やっぱりボイトレは必要でした。

その結果、出なくなっていた高音域の声は、再び出せるようになりました。

でも、喋り声は何も変わりませんでした。

ボイトレで、どれだけ声を高くしても、喋り声にはなかなか結びつけることができずにいました。

それは、そうです。

ボイトレで出来るのは、声の高さの領域を広げたり、滑らかに裏声と表声を出せるようにすることですから。

歌うことにはつながるかもしれないけれど、喋ることは、また別のものだと思います。

それから、声優さんとか両声類の方々の動画を見たり、モノマネの練習に切り替えました。

喋り方や声の抑揚、細かな息遣いが男女では特徴が異なります。

男性は、語尾を強く言いがちだったり。

だから、喋り方そのままで、声だけ高くしても、声の高い男として認識されてしまいます。

女性は女性として生活する中で、男性は男性として生活する中で、自然とそれぞれの特徴を自分のものにしていっているのです。

長年の積み重ねから、体に染み付いていくようなものでしょうか。

だから、頭で男女の喋り方の特徴がわかったからと言って、すぐに出来るようになるわけではありません。

ホットペッパービューティー

そこで、私がおこなったのは以下の3つです。

①自分が無理なく喋り声として使える高さを見つけて、その高さで喋る。

地声と裏声が切り替わる部分、これ以上出したら裏声しか出ない部分があります。

その音から、いくつか音を下げると、今度は地声しか出ない部分に辿り着きます。

それまでの地声と裏声の両方が出る部分の中で、自分が一番無理なく喋り越えに活用できそうな部分を探ってみました。

②学ぶは真似る。自分に合った喋り方の人の声の特徴と喋り方を真似る。

簡単に言うとものまねです。

似てても似てなくても大丈夫。

喋り方の特徴や声の出し方の感覚を掴むには、ものまねが一番です。

少なくとも、私にとっては、そうでした。

神藤多喜子先生監修「おっぱい体操ふんわり美乳ノンワイヤーブラ」

③一気に変えるのではなく、少しずつ着実に声と喋り方を変えていく。

いきなり違う声で喋ると、周りは「えっ?何?」ってなります。かと言って、そこまで人は他人を見ていません。

少しの変化くらいなら、少し疑問に思ったところで、すぐに慣れてくれます。

それよりも、人は、その人個人の許容範囲を超えた変化を試みたら、意地でも戻ろうとしてしまいます。

なので、無理に一足飛びをしても、結局戻されちゃうので、着実に小さな一歩の積み重ねで、前に進むのが一番かなと思います。

私は、今自分の声が100%バッチリだとは思いません。

だけど、声に完璧も何もありません。

欲を言えば、もっと可愛くて少しハスキーなそんな声になりたかったです。

でも、それはただの欲です。

今の声で、何も困るけどはないし不満もありませんし、トランスする上で、困ることもヒヤッとさせられることもありません。

これが自分の声だと、今では自信を持てるようにはなりました。

だから、長い時間かけてしまいましたけど、今ではそれでも良かったと思っています。

以上、声について、ボイトレについて、私なりにやっていく中で、気付いたことや感じたことなど書かせていただきました。

今、まさにボイトレ頑張ってますという方の、何かの参考になればと思います。

最後までお付き合いありがとうございました。

A8.netの公式ページ

関連動画

mtfにとって声は死活問題。ボイトレしてもなかなか成果の出なかった私が、最近ようやく気付いたこと。

このブログで書いた内容を動画にしました。長年ボイトレをしても、なかなか喋りごえには繋がらなくて伸び悩んでいた私がやったこと。
ほぼ無編集動画で、見づらい部分もあるかとは思います。(2020年12月12日)

併せて読みたい

関連記事

喉の手術について。rizfarm.com/2019/10/20/タイで受けた喉の声帯の手術について。/

投稿者: ritan279

Lisa Kawakami 旅を愛する元ニューハーフ。 関西を拠点に、夫婦で移動販売業を営みつつ、トランスジェンダー当事者の方向けにボイストレーニングやピアサポート的な活動をしています。 □過去の経歴 高卒後ニューハーフダンサーデビュー▶︎氏名性別変更▶︎女性として埋没生活▶︎語学留学▶︎タイで就職▶︎福祉関係に入職▶︎結婚▶︎鬱で休職▶︎飲食店を営む▶︎精神保健福祉士取得▶︎ボイストレーニング教室を始める▶︎移動販売業に転向▶︎今に至る □ピアサポート的な活動とは mtf向けボイスレッスン 情報発信 交流会etc □移動販売業とは 〜準備中〜

mtfにとって声は死活問題。ボイトレしてもなかなか成果の出なかった私が、最近ようやく気付いたこと。」に7件のコメントがあります

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。