私にとっての旅はバカンスよりも学習だ!

旅とは、今でこそバカンスと捉えられてますけど、その昔は、旅先で知り得た知識や学びを持ち帰る事と言われたそうです。

視察とか留学とか、そんなところでしょうか。

私は、旅をそんな感じに捉えていまして、未完の自分の足りないパーツを探しに出かける事を目的に旅をしています。

自分探しとか大それた事じゃなくて、こんな事があって、これは嬉しかったから、私も真似しようとか、取り入れようとか、心がけるようにするし、反対に嫌なことは、しないようにしようと意識するといった感じです。

また、旅先で出会う人との会話や行動から、自分がいいなと思ったことを取り入れるのです。

“そんなことなら、わざわざ海外にまで行く必要なんかないじゃない?日々の生活の中でも十分できるし、ただわがままに旅をしたい口実なんじゃないの?”

と、よく言われます。

確かにそうです。

自分以外の人は、夫も親も皆育って来た環境が違うので、会話や行動からも、新しい発見があります。

“じゃあ、それでいいじゃない。いい歳して、自分探しなんか恥ずかしいし、ひとり旅なんて危ないし、もうやめなよ。”

ちょっと待って!いい歳とはなんなんだ!余計なお世話だ!

それに、なぜやめるのでしょうか。海外まで足を運ぶのは、普段自分が生活する環境では得られないだろう事が、海外にあるから行くんです。

それは、生まれ育った環境に加えて、文化や習慣、常識が違う事です。

良いところや悪いところ、自分に合う合わない。沢山あります。

でも、日本と別の国では、常識が違いますから、郷にいれば郷に従えで、日本の感覚では違和感を覚える事も全部受け止めるんです。

日本ではこうだから!なぜ、こんな当たり前のことが出来ないんだ!この国には常識はないのか!と、日本の基準や常識を押し付けるのは、あんまり好きではありません。

違和感にぶち当たった時に、押し付けるのではなく、自分がどう感じたかを吟味するんです。これでもやっていけるんだって、身のこなし方が一つ増えるんです。

その積み重ねが視野を広げると言う事になるのだと思います。

また、ひとつ新しい価値観を学び持ち帰るために、旅にでかけます。

投稿者: ritan279

Lisa Kawakami 旅を愛する元ニューハーフ。 関西を拠点に、夫婦で移動販売業を営みつつ、トランスジェンダー当事者の方向けにボイストレーニングやピアサポート的な活動をしています。 □過去の経歴 高卒後ニューハーフダンサーデビュー▶︎氏名性別変更▶︎女性として埋没生活▶︎語学留学▶︎タイで就職▶︎福祉関係に入職▶︎結婚▶︎鬱で休職▶︎飲食店を営む▶︎精神保健福祉士取得▶︎ボイストレーニング教室を始める▶︎移動販売業に転向▶︎今に至る □ピアサポート的な活動とは mtf向けボイスレッスン 情報発信 交流会etc □移動販売業とは 〜準備中〜

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。