性転換後のダイレーションと初めての体験は、痛く苦しく辛いのか?

こんにちは。りーたんです。

今日は、性転換手術後のダイレーションと初めての体験について書かせていただきます。

あくまで一つの体験談として、読んでいただけましたら幸いです。

私が性転換手術をしたのは、確か21歳になってすぐの頃でした。

手術を含めて2週間で、お店からもらった休みが明けて、職場復帰をしました。

豊胸の時も、性転換の時も、復帰して直ぐに、これまで通りというわけではないのですが、可能な限りで舞台に立ちました。

この頃のダイレーションは、ダイレーターにゲンタシンを塗り、開けた穴にガードルで抜けないよう留置したまま、円座を担いで、お客様の席を廻り、ショーの前説が始まると、トイレにダッシュしてダイレーターを抜き出して、綺麗に洗ってケースにしまい、楽屋までダッシュして、ダンスを踊って、ショーが終われば、またトイレに行って、ゲンタシンを塗りたくったダイレーターを開けた穴に挿入して、円座を担いで客席に廻るといった感じでした。

帰宅後は、シャワーの時にダイレーターを抜いて、開けた穴を洗浄して、シャワー上がりに、またダイレーターをガードルで抜けないよう留置して就寝。

起きたらまたシャワーで洗浄して、仕事に行くという感じで、ショータイムとシャワー以外は、常にダイレーターと一心同体の状態でした。

これを一年くらい続けていました。

ちなみに、ダイレーションは痛いのかどうか。

これは、個人差があると思いますけど、私の場合は、術後のダイレーション解禁から暫くは、痛みはあまりありませんでした。

ただ、痛みよりも、動くからか余計に血が出るし、洗浄では肉片のようなものが混じった血がダラダラ出てくるのと、それに伴い貧血状態が続いた事が辛かったです。

暫くしてから、血は治ってきたのですが、だんだんと窮屈感と痛みを感じるようになりました。

恐らく、術後徐々に傷を治す為に元に戻ろうとする力が働いたのと、神経が戻ろうとした事が窮屈感と痛みを生んだ要因だと思います。

それでも、豊胸後のマッサージに比べれば、耐えられない痛みではありませんでした。

痛みと言っても、ダイレーターを入れた瞬間は痛くて、それからじわじわと痛みは続くんだけど、だんだん慣れてくるのか痛みは和らいでいきます。

これを、サイズを変えて繰り返しする感じです。

初めての体験

さて、傷もだいぶ癒えた術後1年くらいした頃。私は性転換手術後、初めての体験を経験しました。

相手は、初恋の幼なじみの男の子です。彼とは、付き合ってたとかではなかったのですが、若さもあったのでしょう。

また、それまで2年ほどお付き合いしていた男性と別れたばかりで寂しさもあったのかもしれません。

彼の家によく遊びに行っていたのですが、ある夜、そんな雰囲気になり、一線を越えてしまいました。

痛みがあるとかちゃんとできるのかと、不安と緊張がありました。

初恋の相手との初めてのコトが、なんだか嬉しくて、恥ずかしくもあって、細かくはあまり覚えていません。

ただ、心臓の鼓動が、いつもよりも大きく、胸の奥がやけにむず痒くてくすぐったくて、そんな状態だったことは覚えています。

細かくは覚えていませんが、少しの時間が経ち、いよいよ、その時がやってきました。

やっぱり怖くて、力が入っていたとおもいます。

自分の不安や緊張や怖さも、そうする事で和らぐのかもしれない、痛みがマシに感じるのかもしれないと、どうしても力が入ってしまいます。

そんなガチガチな状態の私を見兼ねた彼は、

「力、抜いて。大丈夫だから。」

そう、声を掛けてくれるんだけど、なかなか身体がいうことをきいてくれません。

そして、いよいよって時の事です。

“ん?あ、あれ?”

一気に力が抜けたのがわかりました。

これまでのダイレーションで、数々の痛みを乗り越えてきたからか、痛みとか入らないとか、そう言った事は全くなく、考えていたより簡単に、そしてあっさりと終わりました。

もちろん、これも個人差があると思います。

少し寂しくもあり、物足りなくもあった経験となってしまいましたけど、当時の私にとっては、本当に幸せなひと時でした。

それからすぐ、彼が就職で遠くに引っ越したのと、私もお店の舞台の出番も増え忙しくなったのもあり、彼とは、それきりです。

懐かしい、一夜の思い出です。

さて、思い出はここまでにして、結論!

結論

私の場合は、ダイレーションは、だんだん痛くなる!初めての体験は痛くない!でした。

いかがでしたでしょうか。

最後まで、読んでいただきありがとうございました。





関連動画

☆関連動画☆下記に記載した内容をYouTubeでもお話させていただいています。画像をクリックいただけましたら、YouTubeにアップした動画が再生されます。





併せて読みたい

関連記事




個人差あります(1)【電子書籍】[ 日暮キノコ ]

投稿者: ritan279

Lisa Kawakami 旅を愛する元ニューハーフ。 関西を拠点に、夫婦で移動販売業を営みつつ、トランスジェンダー当事者の方向けにボイストレーニングやピアサポート的な活動をしています。 □過去の経歴 高卒後ニューハーフダンサーデビュー▶︎氏名性別変更▶︎女性として埋没生活▶︎語学留学▶︎タイで就職▶︎福祉関係に入職▶︎結婚▶︎鬱で休職▶︎飲食店を営む▶︎精神保健福祉士取得▶︎ボイストレーニング教室を始める▶︎移動販売業に転向▶︎今に至る □ピアサポート的な活動とは mtf向けボイスレッスン 情報発信 交流会etc □移動販売業とは 〜準備中〜

性転換後のダイレーションと初めての体験は、痛く苦しく辛いのか?」に25件のコメントがあります

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。