景色もご飯も空気も雰囲気も、どれもおいしい中国雲南省にある雲の上の楽園「元陽」には、子ども時代を振り返る懐かしさがあった。

朝昼夕晩と空の光に合わせて、色を鮮やかに変える棚田が、中国の西の果て雲南省の“元陽県”にあります。

雲南省の玄関口省都「昆明」から、昆明南バスターミナルから元陽新街行きのバスで、直通バスを利用すれば、7時間程度でたどり着くことができます。

北にチベット、西にミャンマー、南にラオスとベトナムという立地にある雲南省には、数多くの少数民族が生活しています。

ハニ族と呼ばれる少数民族によって築かれた棚田群は、1.6ヘクタール。東京ドーム3500個分相当の広さで、最も激しい傾斜の部分で75度という場所に5000段というもあるといわれるこの棚田は「雲の梯子」とも呼ばれています。

現在、元陽などに暮らすハニ族ですが、4世紀以降に戦争から逃れるため、日本列島までやってきたという説もあり、大豆を使ったみそや納豆の発酵食品を食べることとアニミズムの進行など、日本との共通点も多いとされているそうです。

また、タイやミャンマータイにも移住している彼らのうち、ラオスでは彼らの村の入り口には日本最古の鳥居と似ている門があり、さらに魔よけの役割を果たすということから、日本のそれと役割として一致しているともいわれています。

集落内には、もちろんコンビニエンスストア―やスーパーマーケットのようなものはなく、小さな商店と観光客用にゲストハウスが数件あるだけで、集落本来の姿をそのままに何もかもがそろって当たり前の場所から来た人からすれば、とんでもない田舎に来てしまったものだと天を仰ぐのか、普段の生活ではなかなか見ることのできない田舎の静寂に、心からいやされるのかどちらかになることでしょう。

何でもそろって当たり前、ちょっとの不便をものすごい不便と感じてしまう私たちですが、本来そんな便利などなくても生きていく力は十分にあるもの。

集落の中を走り回って、木の棒で虫を捕まえたり、商店に近所の子供たちでお菓子を買いに来ていたり、集落の子供たちは元気いっぱいに遊んでいました。

公園で友達とかけっこしたり、かくれんぼしたり、おなかがすいたら駄菓子屋さんにお小遣いを握りしめて駄菓子屋さんにお菓子を買いに行ったり、自分が子供の頃に過ごしたひと時を、精一杯に遊ぶ彼らを見てふと懐かしく感じました。

世界各国から棚田を見るためにやってくる元陽、お世話になったゲストハウスでは宿泊客みんな同じ食堂で食事をするのですが、国も年齢も皆それぞれに違うはずなのに、不思議と棚田見物や集落の街歩きなどの共通の話題からすぐに話が弾んで、一気に距離が縮まる不思議。

自分の住む国とは違う国の大きな銀行のえらいさんであったり、教育機関で教職に就く人など、普通に生活しているとまず会うことなんてないだろう人たちと、上下役割一切関係なく同じ立場で話すことができるのです。

旅という魔法が、そうさせてくれるのかもしれないと考えると、旅って本当に面白いなと思います。

また、ホテルよりも距離感の近いゲストハウスだからこそ、そうさせてくれるのかもしれません。

旅というのは、魔法のようなものなのでしょうか。旅の面白さって、観光地を回ったりおいしいものを食べたりするだけではなく、こういう人と人との距離感の縮まりにこそあるのではないかとも思います。

夕日になればオレンジ色に、日が昇れば黄色と緑に、青空のもとでは水色に、目の前に広がる広大な棚田。一つ一つは小さな水田なんですけど、それらすべてが合わさって見せる魅力。これを1300年近くの月日をかけて、雲よりも高いところまで作り上げたハニ族人たちや、その棚田で働く人たちのすごさをひしひしと感じさせられました。
オーナーのJackyさんお手製の夕食です。野菜がたっぷりのおかずは、どれもおいしくてどんどん食べられてしまいます。
ニンニクとブロッコリーの炒め物。この日出たおかずの中で一番おいしかったもの。帰国後自分で何度かチャレンジしたもののいまだ再現するに至っていません。また、これを食べるためにも訪れたいと思うほど。
豚肉の野菜炒め。おいしすぎて、あっという間にご飯を食べきってしまい、特別に追加で作っていただいたものです。不思議と全部美味しく頂いてしまいました。
今回利用させていただいたのは、元陽の集落の中にある新街のバスターミナルから乗り合いタクシーで1時間弱ほどの場所にある集落の中にあるゲストハウス「Jacky Guesthouse」です。現地で暮らすハニ族の生活をそのままに見ることができます。展望台から眺められる棚田の中まで歩いてすぐにいくことができて、棚田を真近で見たいという人なんかにはお勧め。オーナーのジャッキーさんが、とても親切。また、彼の作る夕朝食は絶品。元陽は棚田の景色だけじゃない。街歩きや棚田の中のウォーキング、そして日本との共通点も多いといわれるハニ族の食事なんかも、元陽を楽しむための魅力として、そのすべてを楽しむことができます。ドミトリーなら約1500円程度から、個室なら約4000円程度からです。(要確認)
Booking.com】世界のホテル割引予約
ホテルやゲストハウスの予約は、こちらを利用させていただきました。予約が簡単簡潔にできて、予約変更や現地支払いに対応してくれるプランもあるので、使いやすいです。ホテルやゲストハウス探しには是非!

投稿者: ritan279

こんにちは。わにたんです。 現在、36歳の主婦です。 旅とピアサポート的な活動を愛しています。 □過去の経歴 高卒後ニューハーフダンサーデビュー▶︎2年間全く芽が出ず挫折▶︎3年目にしてセンター獲得▶︎性別変更▶︎語学留学▶︎タイで就職▶︎日本でOLライフ満喫▶︎結婚▶︎鬱で休職▶︎認知行動療法など学ぶ▶︎当blogを始め勉強中 普段は主婦しながら、関西でピアサポート的な活動をしています。旅や海外生活の経験やトランスライフを中心に書いていきます。 □ピアサポート的な活動とは mtf向けボイスレッスン 情報発信 交流会etc

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。