夢中になれるものはなんですか?

夢中になれるもの。

一つ思い浮かべてみてください。

どんなものが浮かびましたか?

それは、仕事ですか?

或いは、趣味のことですか?

よく、なんのために働いてるのか、何のために生きてるのか分からない。

生きてたって良いことないし、楽しくない。

そんな風に考えた人は、世の中にたくさんいると思います。

自分の考えに確信を持っている人は、それが合ってようが間違えてようが、揺らがないものです。

自分の中心となるものがあれば、自分は何が為に生きているのか、生きる事はつまらないには、繋がらないのではないでしょうか。

自分の中心がフワついていると、何をやっても楽しくなかったり、すぐ飽きてしまったりして、周りと自分を比べて落ち込んでしまいます。

物作りが大好きで、自分が作った椅子を、とても嬉しそうに「ありがとう!」と受け取ってもらった時の笑顔が忘れられなくて、いろんな人を笑顔にしたいと内装業の会社を立ち上げられた社長さん。

今ではあまり見なくなった駄菓子屋さん。近所の子供達が集まって遊べる場所を、地域に作りたいと焼き芋屋さんを始めたうちの母。

ロードレースに出たり、ロードバイクで旅に出たり、とにかくバイクでいろんなところへ出かけては、バイク仲間の輪を広げている友達。

それぞれが皆の夢中になれるものなんです。

もし、うちの母が亡くなったら、「焼き芋屋さん、毎日忙しそうやったけど、楽しそうやったね。」とか、

友達なら、「あの子、ほんまに自転車好きやったね。」とか、

〇〇=その人みたいな、そんな風に側から見られるもの。それは、別に何でも良いんです。ものでも行為でも。

その〇〇こそ、その人が夢中になれる何かなんじゃないかと思いました。

例えば、釣りバカ日誌のハマちゃんといえば?

なら、私といえば?

色々考えました。

これのためなら、楽しんでできるし、とことん拘るし、追求もしたい。

一体なんだろう。

誰かのためになりたいと志した福祉の仕事なんだろうか。

いや、留学以来いろんな国の人と話せるように、日本語だけではダメだと始めた語学なんだろうか。

考えてみたら、行き着いたのは”旅”でした。

これまで、少ない休みを駆使して、サラリーマンやOLでも行ける弾丸旅をずっと続けてきました。

会社が終わると、その足で空港に行き、目的地までひとっ飛びして、帰国したら、その足で会社に向かうみたいな。

そんな旅が少しでも安くできるプランを、プライベートや移動中や休憩時間なんかに、他の人のブログやサイトなどで情報を集めては、ずーっと考えを巡らせて、まとまればシフトを合わせて、チケットおさえて、いざ出発みたいな。

仕事もやりだしたら、性格的に突き詰めてやりますし、それなりにやりがいを感じるのですが、四六時中そればかり考えを巡らせられるかというと、それはできないというか、今だからはっきり言えるのですが、それはしたくありません。

経験したから分かります。夢中になれないものを、四六時中突き詰めて考えていると、しんどさや不満が湧き上がってきます。

なんで、私ばっかりこんなに頑張ってるんだ!なのに、皆は頑張らない!何故だ?

人によっては、上手くいかなくなってきたり、疲れてきたときに、他人か自分を攻撃するようになってしまいます。

私は、自分を責めて、自分を見失ってしまいましたから。

その時に、決してそんな事はなかったのですが、他の人はすごく仕事ができるのに、なぜ私はできないのだろう。

他の人は、仕事が楽しそうなのに、なぜ私は楽しいことがないんだろう。

なぜ、私には何にもないんだろう。

当時は、そんなことばかり思っていました。

でも、そうじゃなかったんです。たまたま、私の夢中になれるものが、仕事じゃなかっただけだったのです。

その仕事を、四六時中突き詰めて頑張ってしまったばっかりに歯車がずれてしまったのです。

仕事を辞めて、一度距離を置いて、ゆっくり考える時間が持てたことで、そのことに気づけました。

ですので、私は”旅”を自分の人生の中心に、仕事もプライベートも、これから考えて行こうと思います。

生きる事とは?なんて、そんな大それた事ではありませんが、自分の人生の中心となる夢中になれるものについて書いてみました。

夢中になれるものは、必ずしも仕事に当てはまらなければならないというわけでもありませんし、こればかりは縁だと思います。

それでは、あなたといえば?

投稿者: ritan279

こんにちは。わにたんです。 現在、36歳の主婦です。 旅とピアサポート的な活動を愛しています。 □過去の経歴 高卒後ニューハーフダンサーデビュー▶︎2年間全く芽が出ず挫折▶︎3年目にしてセンター獲得▶︎性別変更▶︎語学留学▶︎タイで就職▶︎日本でOLライフ満喫▶︎結婚▶︎鬱で休職▶︎認知行動療法など学ぶ▶︎当blogを始め勉強中 普段は主婦しながら、関西でピアサポート的な活動をしています。旅や海外生活の経験やトランスライフを中心に書いていきます。 □ピアサポート的な活動とは mtf向けボイスレッスン 情報発信 交流会etc

夢中になれるものはなんですか?」に2件のコメントがあります

  1. 私は、絵を描くことが好きで小さい頃からずっとやって来ました。ずっと絵を描く仕事がしたいと思っていたのですが、デザイン専門学校に行き考えは変わりました。仕事をする上で必ず自分が描きたいと思っているものが描ける訳では無いと気付いたのです。
    今もそれは正しかったと思います。
    仕事は必ずしも楽しいことだらけでは無いと思います。
    だから私は私が楽しいと思える仕事を作ろうと思って動いていました。父の職場で働いていた時も、今の会社に就職してからも。身体的にしんどい事も沢山あるけど、楽しい事がそれを上回っているので今はとても満足です。
    私の私らしいは″創造する事″何かを考え形にする事がとても好きです。恐らく、トランスの途中過程もそんなノリもあったかもしれませんw
    ネイルにハマったり、お化粧にこだわったり。
    りーたんの″旅″はきっと″知るとこ″なのでは無いでしょうか?
    私には好奇心旺盛で初めての事に物怖じしない人の様に感じてます。なので、始めた仕事は最初のうちは周りが見えなくなるほど夢中になるのだけど、マンネリ化してきてしまうと周りが良く見えてき来ると、『何をしてるのだろ?』的に思ってしまうのかな?と感じました(実は私にもあります)
    私がそういう時にしてきた事は、「今までと違うことを取り入れる」でした。そうするとその事にまた夢中になれる感じでした。

    でも、ちょっと前までNHとして働いて来た時はとにかく苦しくても楽しくなくてもお金の為に仕事をする事をしてました。苦痛でしたね。
    なんで…なんで…の連続って言ってもたった数ヶ月で卒業しましたけどw

    りーたんは色んな事を見てきて感じてるので、私はとても共感してます!
    これからもりーたんらしくをもっと見せてもらいたいと思って応援してますね!

    いいね: 1人

    1. はるさん、読んでいただきありがとうございます。コメント読ませていただきました。たしかに、私にとっての旅は知ることにあるのかと思いました。わざわざ、旅をブログにしたりというプロセスも、知ることに対する興味に繋がっているのだと思いました。旅を旅として単純に楽しむのでは無くて、毎回何かしら調べたり、経験したことをしに行ったり。仕事に対しても、ドンピシャです。今までにないことを取り入れてみるを、意識してみます^ – ^
      創造すること。凄く楽しいですよね。実は、昔3回ほど脚本書いて舞台を作ったのですけど、想像を創造することの楽しさは、ものすごく分かります。このブログも、私の頭の中を文字として文章として、作り上げているみたいなものですし。トランスの過程も、創造することなのかもしれませんね。
      はるさんのコメントには、いつも気付きを頂いちゃって、毎回成長させていただいてます。ありがとうございます^ – ^

      いいね

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。