里子に受け入れた元野犬の成長の記録

移住を期に、山口県周南市の保健所様から2匹の保護犬を引き取り、ポテトとバジルと名付けて私達の家族として迎え入れることにしました。そんな二匹の成長の記録を残そうと始めたブログです。今も野犬がどこかで保護されて、うちの子たちのように運良く里親に巡り会えた子達はまだ幸せかもしれませんが、巡り会えずに保護の期限が過ぎて処分されてしまう子たちがまだまだ居るんだと思うと、居ても立っても居られません。一匹でも多くのワンちゃんが不幸にも処分されることのない世の中になることを祈ります。

【受け入れた経緯】

2019年4月15日。私達は、山口県周南市にある保健所様にて、愛娘バジルとポテトの保護を決めました。

なぜ、県外住まいの私達が山口県まで保護犬を引き取りに行ったのかというと、当時山口県は1年間で3945匹の犬や猫が殺処分されていたようで、日本でワースト3だったらしく、特に周南市には野犬が多く、人に懐かず引き取りが難しい為、そのまま保護期間を過ぎて殺処分となってしまう子が多いとの事でした。

この状況に、心を痛めた私の父親が山口県から保護犬を実家に受け入れた事がきっかけでした。

せっかく生まれてきたのに、訳も分からないまま、親から群れから離されて、連れて行かれて閉じ込められて、殺されてしまうなんて。

同じ命のはずなのに、辛すぎると思います。

一個人では、出来ることなんて限られています。

だけど、例え限られた微力であったにせよ自分に出来ることはしたいと、夫と話し合って、山口県の保護犬を引き取ることにしました。

引き取り方は様々で、私たち夫婦は、直接山口県の保健所まで足を運びました。

保護施設の中は、それはもう子犬から成犬まで、たくさんの犬が収容されていました。

怖いからでしょう。近づくだけで牙を向いて吠える子や、房の隅に顔を埋めて微動だにしない子も、まだ小さすぎて状況を読めず房の中をヨチヨチ歩き回る子もいました。

掃除をする保健所の職員の方の足にまとわりつき、「こっちに来ちゃだめだよ。」とヒョイっと元いた場所に戻されては、また足にまとわりつきに行くみたいな。

流石に目を合わせられないな。

ここにいるみんなを引き取れる訳じゃないから、申し訳なさや後ろめたさに苛まれるのでしょう。

だから、じっくり選ぶなんてことは出来なくて、その時にピンときた子を引き取ることにしました。

一匹は、群れでいたまだ赤ちゃんなのか、まっすぐ歩けないくらいの子。その子にはポテトという名前をつけました。

もう一匹は、房の隅に顔を埋めて微動だにしない子にしました。

この行動は、極度の恐怖を抱いてる場合に見られるもので、刺激すると噛み付く可能性が高いようで、保健所の職員さん2人がかりで慎重に、房から出してくださいました。一度でも噛みつけば、引き取りは不可能になるそうです。

幸い噛み付くことなく、無事持参したゲージに入ってくれました。ポテトより少し大きなこの子にはバジルという名前をつけました。

それから、時間をかけながらゆっくりと、私たち人間との生活に慣れていき、今ではすくすくと成長しています。

悪戯ざかりで悪さばかりで手を焼きますが、とてもかわいい娘たちです。

そんな娘たちの成長の記録です。

成長の記録動画一覧】

成長の記録ブログ】

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。